新規顧客12,000人を経営者主演のコメディ動画で獲得「ダラー・シェイブ・クラブ」。【コンテンツマーケティング・ケーススタディ7】

casestudy

Photo credit: francisco_osorio / CC BY

アメリカにダラー・シェイブ・クラブ(dollar shave club)[1]という会社があります。

コメディアンのマイケル・デュビンとビジネスマンのマーク・レヴァインが2011年4月に共同で設立した「安くて高品質なノーブランドヒゲそりの供給」を事業目的とする会社です。

定額の月会費を支払うと、ヒゲそりと交換用カートリッジを宅配してくれる会員制サービスを提供しており直訳すると「1ドルヒゲそりクラブ」です。

この会社が顧客獲得キャンペーン用に作った経営者のマイケル・デュビン自ら演じる短編コメディ動画がYouTubeで話題になり、さらにこの動画によって12,000人もの新規顧客獲得に成功した事が話題になりました。

この記事ではダラー・シェイブ・クラブがどのようにコンテンツマーケティングを成功させたのかを見ていきます。

経営者自らが演じる短編コメディ動画

「創業者のマイクです。ダラー・シェイブ・クラブをご存じですか?」から始まる動画はコメディ映画のトレーラー(予告版)のような内容です。

流れるような映像の中でマイケル・デュビンがコミカルにダラー・シェイブ・クラブの特徴やセールスポイントを説明してゆきます。

時折四文字言葉を織り交ぜ、表現的にもぎりぎりな内容ですが、視聴者を飽きさせないユーモアとジョークで満ち溢れています。中にラテン系労働者を登場させるなど、アメリカの社会的側面を描いたりもしています。

コメディと皮肉が上手に折り重なった、優れたコンテンツに仕上がっています。

低コストで新規顧客を12,000人獲得

クオリティの高いコメディ動画ですが、経営者自らが演じたということもあり、わずか4,500ドル(約54万円)のコストで制作されたそうです。

この動画はYouTubeに投稿されるや口コミで話題が拡がり、投稿からわずか二日間でYouTubeの再生回数950万回、Twitterのフォロワー23,000人、Facebookファン数76,000人、そして新規顧客12,000人を獲得したそうです。

同社はその後もコメディ動画をYouTubeに投稿し続けています。動画は短いもので15秒、長いもので45分の長さですが、いずれもコミカルな「お笑い」コンテンツです。

中には視聴者に挑戦するような挑発的お笑いコンテンツも含まれています。

一連の動画はYouTubeの人気コンテンツに成長し、2011年のアカウント開設以来、同社の動画は2,816万回も再生されています[2]

Twitterのハッシュタグとお遊びコンテンツ

YouTube以外にも同社はお笑いを十分に活用しています。同社はTwitter[3]をYouTubeにリンクさせている他、使い古したヒゲそりのイラストをシリーズで投稿し、専用のハッシュタグ「#RazorBurn」を用意してTwitterコミュニティに拡散させています。

また、ダラー・シェイブ・クラブのオリジナルイラスト作成サイト[4]とリンクさせ、ユーザーが作ったイラストをTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアに投稿させて拡散を促す仕組みになっています。

売り上げ76億円、時価総額738億円と見積もられるまでに急成長

一連のコンテンツマーケティングの結果、同社はこれまでに事業範囲を全米からカナダにまで拡げ、売上を6,400万ドル(76億円)に拡大させています。設立当初はゼロだった従業員数は20名に増え、これまでに総額1千万ドル(約12億円)の資金調達に成功しています。証券市場関係者は、同社の時価総額を6億1千5百万ドル(約738億円)と見積もっています[5]

アメリカ人は総じてコミカルなコンテンツが大好きですが、ダラー・シェイブ・クラブの成功はコンテンツマーケティングにおける「お笑い」を効果的に活用しました。

コミカルなコンテンツで人々を笑わせ、引き寄せ、興味をもってもらい、モノやサービスを買ってもらう。そしてファンであり続ける間はずっとリピーターになってもらう。

結果としてサブスクリプションサービスの先駆けになった同社ですが「お笑い」コンテンツは日本でも様々なシーンで活用できそうです。

過去記事の紹介

「コーヒー対ギャング」若者が自立する姿を描き900万回を超える再生数 【コンテンツマーケティング・ケーススタディ6】

「Airbnb」訪問数3,300万/月を支えるゲスト・ホスト間のコミュニティを形成するコンテンツ 【コンテンツマーケティング・ケーススタディ5】
「Line//Shape//Space」 CAD大手AutoDeskによるベーシックなテキストコンテンツ【コンテンツマーケティング・ケーススタディ4】
「シボレー」名門ブランドが行う消費者との対話 【コンテンツマーケティング・ケーススタディ3】

「RedBull」宇宙からスカイダイビングに800万人の視聴者 【コンテンツマーケティング・ケーススタディ2】

「GoPro」300万人を超えるYouTube登録者 【コンテンツマーケティング・ケーススタディ1】

引用・参考情報

[1] http://www.dollarshaveclub.com/

[2] https://www.youtube.com/channel/UCLhWeWGlaxqJBKQdtbICiLQ

[3] https://twitter.com/DollarShaveClub

[4] http://hashtagrazorburn.com/

[5] http://blogs.wsj.com/digits/2015/06/21/dollar-shave-club-valued-at-615-million/


※本サイト(scripta.jp)内のコンテンツの転載を禁止します。
※始めたばかりのブログですが、公開記事をリライトしたものが転載されているとの連絡を複数受け取っています。引用の範疇を超えた転載記事を短期間で多数公開しているサイトへは法的措置を含めた対応を検討します。


テキストコンテンツの品質が低くて困っていませんか?高品質なテキストコンテンツが必要な方はSCRIPTAから調達して下さい。SCRIPTAのサービス紹介を見る

6 コメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。