コンテンツマーケティングでも使えるSEOツール厳選7種

コンテンツマーケティングでも使えるSEOツール厳選7種

SEO対策とコンテンツマーケティングは切っても切れない関係にあります。この記事ではコンテンツマーケティングでも使えるSEOツールを紹介します。SEOもコンテンツマーケティングも、もっとツールに頼っても良いと考えています。

Google検索エンジンに対するSEO対策の仕組みは全ての国で共通です。ツールやアプリケーションの実装方法や思想などの技術的な部分も共通です。日本語対応していないツールも紹介しますが、日本語で同内容のツールを探す参考なればと思います。

分散メディアモデルが有効?2016年のコンテンツマーケティング。

分散メディアモデルが有効?2016年のコンテンツマーケティング。

いま既存メディアやバイラルメディアが分散メディアに乗り出して注目を集めています。

今年2016年中には動画コンテンツに限定してですがメディアではない企業も自社ブランド認知のために分散メディアモデルを活用し始める事が予想されます。

・ハブ&スポークモデルのおさらい
・分散メディアモデルのおさらい
・分散メディアはプラットフォーム依存への回帰か?
・分散メディアで使われるプラットフォーム一覧
・各メディアの特性に合わせて運用する大変さ
・分散メディアとオウンドメディアの二極化が始まる?

GoogleAnalyticsでコンテンツマーケティングを測定その3。ダイレクトアクセス。

GoogleAnalyticsでコンテンツマーケティングを測定その3。ダイレクトアクセス。

コンテンツマーケティングを行っているオウンドメディアではブックマークやお気に入りからの流入によるユーザーの獲得が重要視されます。GoogleAnalyticsを使ったダイレクトアクセス(ノーリファラー)経由での測定ポイントを説明します。

GoogleAnalyticsでコンテンツマーケティングを測定その2。参照サイト経由でのアクセス。

GoogleAnalyticsでコンテンツマーケティングを測定その2。参照サイト経由でのアクセス。

コンテンツマーケティングを行っているオウンドメディアでは参照サイト経由でのアクセス(メディアからの流入)経由でのユーザーの獲得が重要視されます。GoogleAnalyticsを使った測定ポイントを説明します。

GoogleAnalyticsでコンテンツマーケティングを測定その1。検索エンジン経由。

GoogleAnalyticsでコンテンツマーケティングを測定その1。検索エンジン経由。

コンテンツマーケティングを行っているオウンドメディアの流入経路は大まかに以下の3つに分類できます。 検索エンジ […]

42のコンテンツマーケティンで役に立つメディア・ツール・サービスを紹介

42のコンテンツマーケティンで役に立つメディア・ツール・サービスを紹介

国内のコンテンツマーケティングを行う中で参考になる・関係が深いメディアや、コンテンツマーケティング関連のサービスやツールを一挙に紹介します。

コンテンツマーケティングの手順を文書化する6つの要点

コンテンツマーケティングの手順を文書化する6つの要点

業務のマニュアル化は簡単に出来そうで出来ないものです。

新しく入ってくるスタッフのために、今行っている作業を安定させるために、外部スタッフに説明するために、コンテンツマーケティングの運用が始まると手順のマニュアル化が求められます。

ここでは手順を文書化(マニュアル化)するための方法を説明します。

困った時の切り札「時事ネタ」を上手く仕入れる6つの方法

困った時の切り札「時事ネタ」を上手く仕入れる6つの方法

オウンドメディアを運営する中で企画に困って来た時は流行やニュースに頼るなど時事ネタを使う事も多いと思います。この記事では時事ネタを上手に仕入れる方法を紹介します。

競合サイトのタイトルと要約一覧を取得して調査する方法

競合サイトのタイトルと要約一覧を取得して調査する方法

オウンドメディアを開始するときに必ずと言って行うのがこの競合調査です。競合調査する時に「記事タイトル」と「要約」だけ一覧で取得できれば楽ですよね。この記事ではその方法を説明します。

多くのユーザーは自社メディアだけでなく、他のメディアを合わせて見ています。そのため自社メディアだけしか見ずにコンテンツを配信し続けていればユーザーのニーズに付いていけず頭打ちが見えて来ます。

競合サイトの変化を見て、自社サイトがどのように変化して成長して行くのかイメージして行きましょう。

オウンドメディアに向いているCMSを見つける方法

オウンドメディアに向いているCMSを見つける方法

CMSの選定はオウンドメディアを運営する中での永遠のテーマです。どのCMSを使うにしてもメリットとデメリットがあります。結論を最初に書くと、条件と目的に合致した運用を継続し易いCMSを使うのが最も好ましいのです。

「そんなの当然でしょ」との声が聞こえて来そうなので、この記事ではリストを作ってメリットとデメリットを整理してCMSの選定手順を説明します。