2015年コンテンツマーケティングアワードで表彰されたサイトから見る次の一手

Photo credit: Brad.K / CC BY

今年2015年もContent Marketing Institution(以下CMI)主催「2015 Content Marketing Awards」の受賞が発表されました。

75カテゴリーの中から「Content Marketing Project of the Year」(プロジェクト部門)の優勝者、そして「Best Content-Driven Website」(ウェブサイト部門)の優勝者、ファイナリストにノミネートされた企業のウェブサイトを紹介します。

「頭痛」をテーマとした2カ月間のキャンペーンで1,360万を超える訪問者と200%のインタラクション率

プロジェクト部門で優勝したのはNovartis Consumer Healthが販売する頭痛薬「Excedrin」のコンテンツマーケティングです。

Novartisはスイス・バーゼルに本拠地を置く、国際的な製薬・バイオテクノロジー企業です。

今回のアワードで頭痛薬「Excedrin」のコンテンツマーケティングプロジェクトが新たなカテゴリーとして高く評価されました。

配信メディアの一つとなった情報サイトExcedrin Newsroomは、2014年4月から5月に実施したキャンペーンで、1,360万を超えるページビューを獲得し、200%のインタラクション率を記録しました[1]

顧客や潜在顧客が内側に抱える頭痛の悩みを、ウェブサイト、ソーシャルメディア、メール、ネイティブ広告などの多くのメディアから発信し、ブランド認知力と、顧客とのエンゲージメントを高めることに成功しました。特に高い効果を生み出したFacebookページは、数千回ものシェアを記録し、頭痛の悩みをもつユーザーにとって信頼性の高い有益なコンテンツであることが実証されています[2]

Excedrinのマーケティングチームは、ただ一つの記事を制作するだけでなく、一つのコンテンツをソーシャルコンテンツ、検索メタデータ、見出しのABテストへの使用、画像やビデオにも使用することを目的としました。

オウンドメディアとペイドメディアをうまく活用し、多くのユーザーへの認知度を高めた新しいコンテンツマーケティングプロジェクトです。

100万人を超える不動産事業者が会員登録している全米リアルター協会が配信する専門的なコンテンツ

ウェブサイト部門の優勝はNational Association of Realtors(以下リアルター)が運営するHouseLogic.comです。

リアルターは米国の不動産事業者が集まった団体で120万人の会員を保有します。

そのリアルターが運営するHouseLogic.comでは、住宅のメンテナンスやリフォーム、ガーデニング、エコロジー、住宅保険、ホームセキュリティ、住宅ローンや税金まで、住宅に関連するさまざまなコンテンツを配信しています。

彼らのミッションは、不動産仲介業者が不動産におけるスペシャリストとして不動産購入者から信頼を得るメッセージを発信すること。

そして安心して不動産物件を購入してもらうことです[3]

リアルターはHouseLogic.comを通して、専門家によるネットワークと知識を駆使したコンテンツを発信し、見えない不動産売買というサービスへの信頼を構築することに貢献した事が評価されました。

 

ファイナリスト1:Potash Corpが運営する農業者向け情報サイトeKonomics

Potash Corp(ポタッシュコープ)はカナダ最大かつ世界最大手の肥料、飼料の原料の採掘、加工、販売をする企業でニューヨーク証券取引所に上場しています。

ポタッシュコープが運営するeKonomics は、顧客である農業者に向けてコモディティの先物価格や肥料のROI 計測ツール、土壌の地理データや肥料の調査データをコンテンツとして発信しています。

ファイナリスト2:Positive Coaching Allianceが運営する情報サイトPCA Development Zone

Positive Coaching Allianceは500万人以上の若手アスリートを育成してきた米国の大手団体です。

その団体が運営する情報サイトPCA Development Zoneでは、若手スポーツチームのリーダーや、コーチ、管理者、そして彼らの両親までを含む関係者の健全性を維持するための教育とトレーニングについて、それぞれの立場でカテゴリー分けをし、コンテンツを発信しています。

ファイナリスト3:Schnucksが運営するオンラインマガジンSchnucks Cooks

Schnucksは、アメリカセントルイスを拠点にチェーン展開する生鮮食料品店です。

Schnucksが運営するオンラインマガジンSchnucks Cooksは、動画を交えた豊富なレシピと食品に関する健康情報や食品にまつわるイベントなどのコンテンツを発信しています。

早くて簡単にできるレシピや、料理が楽しくなるそんな料理に関するコツが盛りだくさんです。

ユーザーの「今日の夕飯は何にしよう?」に答えてくれる、そんなサイトです。

ファイナリスト4:Indiana Universityが運営するGo Hoosiers! Indiana University(Oracle Marketing Cloud支援)

Indiana Universityはアメリカインディアナ州に位置する大学です。

Go Hoosiers! は、学生のリクルーティング、在籍学生のキャンパスライフの情報共有ツール、将来の生徒へのデジタルソーシャルメディアチャネルとしての拡散を目的としています。

・約2ページの平均閲ページ数アップ、1ページあたりの平均閲覧滞在時間2分を達成

・各月100個のコンテンツを1日1時間以内に制作

・ソーシャルメディアへのシェアは7,000回/記事の実績をおさめています[4]

その企業/団体でしか作れない専門的なコンテンツ

CMI主催のコンテンツマーケティングアワードで評価されたキャンペーンを駆け足で紹介しました。どこも他社では追従しづらいだろう自分たちの強みを生かしたニッチなコンテンツを提供しています。

日本国内でもこのようなコンテストが行われると良いですが、規模的に難しいかも知れませんね。

デザインにそれほど拘っていないサイトが多く、国内のオウンドメディアではNGを出されそうなデザインでも問題なく運用されています。コンテンツ内容とその配信先で与える影響が、サイトデザインで目を惹くアプローチよりも遥かに重要視されている点が垣間見えます。

今回表彰されたサイトを見ていると、期間限定のキャンペーンか、それとも通年での運用かで同じコンテンツマーケティングでもアプローチ方法が異なっています。

コンテンツマーケティングの企画は通年を前提にしがちですが、潜在顧客数と顧客単価、後は必要とされる季節等に応じて数カ月だけの間でコンテンツと広告予算を集中的に投下した方が効果的なケースが多くありそうです。

引用・参考情報

[1] http://industry.shortyawards.com/nominee/7th_annual/oOj/excedrin-creates-a-new-category-with-content?category=health-and-fitness

[2] 同上

[3] http://www.famefoundry.com/9645/how-3-big-brands-went-hard-core-with-content-marketing-and-the-lessons-you-can-learn-from-their-success/

[4] https://www.oracle.com/marketingcloud/customers/success-stories/indiana-university.html

Achieved an average of about two page views and two minutes per visit. Produced 100 stories each month while spending less than one hour per day to edit, categorize, and format content. Boosted social media sharing up to 7,000 times per article.

 


本サイト(scripta.jp)内のコンテンツの転載を禁止します。
始めたばかりのブログですが、公開記事をリライトしたものが転載されているとの連絡を複数受け取っています。引用の範疇を超えた転載記事を短期間で多数公開しているサイトへは法的措置を含めた対応を検討します。


テキストコンテンツの品質が低くて困っていませんか?高品質なテキストコンテンツが必要な方はSCRIPTAから調達して下さい。SCRIPTAのサービス紹介を見る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。