最も堅実な方法はサイトを「借りる」?コンテンツマーケティングで使うサイトを調達する5つの方法

108243732_a4e7c44b2b_b

Photo credit: pheezy / CC BY

新しくコンテンツマーケティングをはじめると同時にハブとなるオウンドメディアを立ち上げる企業も多いと思います。

新しくドメインを取得してサイトも新しく構築する場合がほとんどですが、既にあるサイトを利用する方法や借りる方法もあります。

この記事では新しくコンテンツマーケティングを始める人のために、サイトを自作する以外の5つの方法について解説します。

コンテンツマーケティングを新しく始めるときに準備するコンテンツについて説明した前回(コンテンツを調達する5つの方法)の記事と合わせてお読みください。

1.ドメインを購入する(ドメインの譲渡、中古ドメインの購入)

既に使われているドメインを譲り受ける、使われなくなったドメインを中古ドメインとして購入する方法があります。

中古ドメインにはメリットとデメリットが混在しており敬遠される傾向にあります。特に大きいデメリットはGoogleからSEOペナルティを受けている可能性で購入前に判別する方法はありません。

取ろうとしているドメインが過去に利用されていた事があるか、利用期間、ホスティングされていたIPなどの情報はDomainToolsを利用すると分かります。他にはInternet Archiveを利用する方法があります。

  • メリット
    • 分かり易い名前のドメインを取得できる
    • 過去に高く評価されていたサイトが運営されていた可能性がある
  • デメリット
    • Googleからのネガティブな評価が残っている場合がある
    • 過去に問題あるサイトが運営されていた可能性がある

2.サイトを購入する

既存のサイトを購入してオウンドメディアを始めます。サイトM&Aで売りにだされているメディアやブログを購入すると、サイト準備を新しく行わずに済むため早く開始できます。

既にサイトに掲載されているコンテンツ以外にも、サイトに定期訪問しているユーザーも合わせて引き継ぐ形になります。

実績があり収益を上げているサイトほど高額で取引されていますので、費用対効果に見合うかの注意が必要になります。

  • メリット
    • 既存の資産を受け継ぐことが出来る。
  • デメリット
    • 実績あるサイト程、高額になる。

3.メディアを買収する

大々的にコンテンツマーケティングを開始したい場合、メディア企業、またはメディアに特化している部門を買収する方法があります。その際にメディアが持っているオウンドメディアも吸収します。

メディアが持つノウハウや資産、人材などを活用できるので戦略次第ではメディア企業の買収がもっとも手堅くコンテンツマーケティングを始める手段になります。

この方法のデメリットは買収したタイミングで主要な人材が離職する可能性があることです。ノウハウを目的としているため、それまでメディアを支えてきた現場の優秀な人材に離職されると買収した意味が無くなります。現場のスタッフが全員辞めてしまい中間管理職以上だけ、役員だけが残るという悪夢のような状況が起こりえます。

  • メリット
    • 既にあるノウハウを吸収できる。
    • 経験のある人材を活用できる。
    • 既存の資産を利用できる。
  • デメリット
    • 買収のタイミングで優秀な人材に離職されやすい。
    • 負債だけが残る可能性がある。

4. サイトをレンタルする

既にあるサイトの一部に記事や広告を載せてもらいます。広告主を募集しているサイトを探すことは大変ですが、実績と信頼があるサイトとの契約がまとまればいきなり高い効果が期待できます。

貸出するサイト側からするとブランドの低下などに繋がる恐れがあるため交渉に乗ってもらえない可能性があります。

  • メリット
    • 信頼があるサイトに間借りできる。
    • 小さく開始して様子見ができる。
  • デメリット
    • 貸してくれるサイトを探すのが大変。
    • 実績あるサイトほどレンタル費用が高額になる。

5. 購入権付きのレンタル

サイトなどのレンタルをしつつ、それを購入するかを決定できる手段です。費用が高額である半面、失敗のリスクが低いなど将来的なコンテンツマーケティングを見越した手段と言えます。

ただし現状主流ではないため貸出サイトとの直接交渉が必要になるでしょう。

  • メリット
    • 信頼あるサイトを手に入れる事ができる。
    • 失敗しそうな場合、手を引けるのでリスクが少ない。
  • デメリット
    • 事例が少ないので交渉が難しい。
    • 貸出サイト側に取ってメリットが少ない都合の良い契約として見られる。
    • 成功すると分かってから購入になるので高額になりやすい。

堅実にコンテンツマーケティングを開始するには

どのようなサイトでも新しく始めるにはリスクがあります。リスクを低く抑えるには、相応の予算を最初から使う必要があります。

現状で最も手堅いと呼べる方法はサイトを「購入権付きでレンタル」することですが、この方法は高額になりやすいです。

予算を小さく抑えて大きなリスクを受け入れるか、予算を大きく使ってリスクを小さく抑えるか、このバランスについて判断が必要になります。

引用・参考情報

 


※本サイト(scripta.jp)内のコンテンツの転載を禁止します。
※始めたばかりのブログですが、公開記事をリライトしたものが転載されているとの連絡を複数受け取っています。引用の範疇を超えた転載記事を短期間で多数公開しているサイトへは法的措置を含めた対応を検討します。


テキストコンテンツの品質が低くて困っていませんか?高品質なテキストコンテンツが必要な方はSCRIPTAから調達して下さい。SCRIPTAのサービス紹介を見る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。