誰も見てないコンテンツにしない。コンテンツ配信に効果的な3つの広告

誰も見てないコンテンツにしない。コンテンツ配信に効果的な3つの広告

コンテンツマーケティングでまず重要なのはコンテンツですが、同じぐらいかそれ以上に重要なのはコンテンツの配信です。この記事ではコンテンツマーケティングをプロモーションするために効果的な広告についてマーケター向けに実施されたアンケート結果から「効果が高い」と回答のあった3つの広告について紹介します。

1. PPC広告(リスティング広告)
2.ソーシャルメディアを使った広告
3.コンテンツディスカバリーツールを使ったレコメンドウィジット型広告

2015年コンテンツマーケティングアワードで表彰されたサイトから見る次の一手

2015年コンテンツマーケティングアワードで表彰されたサイトから見る次の一手

今年2015年もCMI (Content Marketing Institution)主催「2015 Content Marketing Awards」の受賞が発表されました。75カテゴリーの中からプロジェクト部門の優勝者、ウェブサイト部門の優勝者、あとファイナリストにノミネートされた企業のウェブサイトを紹介します。

・「頭痛」をテーマとした2カ月間のキャンペーンで1,360万を超える訪問者と200%のインタラクション率
・100万人を超える不動産事業者が会員登録している全米リアルター協会が配信する専門的なコンテンツ
・ファイナリスト1:Potash Corpが運営する農業者向け情報サイトeKonomics
・ファイナリスト2:Positive Coaching Allianceが運営する情報サイトPCA Development Zone
・ファイナリスト3:Schnucksが運営するオンラインマガジンSchnucks Cooks
・ファイナリスト4:Indiana Universityが運営するGo Hoosiers! Indiana University(Oracle Marketing Cloud支援)
・その企業/団体でしか作れない専門的なコンテンツ

いまさら聞けないネイティブ広告。3分で分かるコンテンツマーケティングとの関係。

いまさら聞けないネイティブ広告。3分で分かるコンテンツマーケティングとの関係。

コンテンツマーケティングは、読んでもらいたいターゲット顧客に読んでもらうことで初めて成果を生み出すマーケティングです。
いまやコンテンツ製作費よりも流通させる費用の方が高いなんて事もあります、この記事ではコンテンツ配信を有効に行うための広告戦略「ネイティブ広告」をご紹介します。
・ネイティブ広告とは?
・なぜ今ネイティブ広告が旬なのか?
・コンテンツマーケティングと相性のよい2つのネイティブ広告
– インフィード型
– レコメンドウィジット型
・AdBlock(広告ブロック)の影響を受けづらい広告形態
・既存ウェブ広告を上手に保管するネイティブ広告

コンテンツマーケティングでよく起こる10のアンチパターン

コンテンツマーケティングでよく起こる10のアンチパターン

CMIが実施したマーケター向けの調査によると84%のマーケターが戦略を持たずにコンテンツマーケティングを実施することは効果を生み出さないと回答しています。戦略を持たずにコンテンツマーケティングを実施してしまったアンチパターンがどのようなケースなのかまとめてご紹介いたします。

1. ターゲットの絞り込みができていなままコンテンツを配信する
2. 顧客の購買意欲のレベルを考えずにコンテンツを配信する
3. 話題先行型によるコンテンツ配信の割合が多い
4. コンテンツの流入・流出経路に戦略がない
5. 見出しとコンテンツがマッチしていない
6. 製品やサービスをアピールしたコンテンツ配信の割合が多い
7. 配信スケジュールに規則性がない
8. ビジュアルにこだわりすぎている
9. KPIを設定していない
10. CTA、コールトゥアクション(Call to Action / 行動要請)がない

Googleアップデートの背景と傾向から見る、上位表示されるコンテンツを作る3つの方法

Googleアップデートの背景と傾向から見る、上位表示されるコンテンツを作る3つの方法

SEO目的でコンテンツマーケティングを行う場合もあると思いますが、ペナルティになってしまったら元も子もなくなります。
この記事では上位表示を実現しながら、ペナルティを予防する方法を説明します。

・まずGoogleアップデートの背景を知る
・Googleアップデートのこれまでの傾向を知る
– 1.低品質なコンテンツ/スパムの排除 – パンダアップデート
– 2.被リンクスパムの排除 – ペンギンアップデート
– 3.著作権悪用の排除 – パイレーツアップデート
– 4.広告乱用ページの排除 – ペイデイローンアップデート
・ペナルティにならず上位表示されるコンテンツを作る3つの方法
– 方法1 – 品質の高いコンテンツの制作すること
– 方法2 – ユーザーにとって使いやすいサイトを制作する
– 方法3 – Googleアップデートでペナルティ対象となっていないかチェック
・スパムが排除された検索エンジンにコンテンツが上位表示されるために

この忙しさからの卒業。ライティング業務を上手にアウトソースする5つのポイント。

この忙しさからの卒業。ライティング業務を上手にアウトソースする5つのポイント。

コンテンツマーケティングではライティング業務が多くを占めます。
そのためアウトソースするのは必然的にコンテンツ制作が多くなりますが、残念なことに「あなた」が求めたレベルの品質や内容が納品される事は中々ありません。
もっともアウトソースの割合が多いライティングにフォーカスし、上手にアウトソースするポイントを5つにまとめて紹介します。

1. 自社のコンテンツマーケティングの目的を明確に伝える
2. マーケティング知識をトレーニングする
3. ターゲット(ペルソナ)を明確に伝える
4. 各コンテンツの購買ファンネルがどこであるかを伝える
5. スタイルやフォーマットの細かい指定をする

そして最後に、忙しい中で効率的にアウトソースするための最も重要かも知れないポイント。

1分で分かる。見直したいコンテンツマーケティングで使うKPI項目。

1分で分かる。見直したいコンテンツマーケティングで使うKPI項目。

コンテンツマーケティングを導入したにもかかわらず、「一向に成果が見られない」と困っているマーケティング担当者も多いはずです。コンテンツマーケティングの成果を高めるために見直しておきたいKPIの指標を紹介していきます。

・ページ閲覧数
・検索エンジンからの流入数
・ソーシャルメディアでのリーチ数
・メルマガ・ダイレクトメールによる訪問数
・ポジティブ/ネガティブなコメント数
・1記事辺りの平均閲覧時間
・1人当たりの平均閲覧ページ数
・コンバージョン率
・定期購読数の増減数
・成果に繋がる前の数字も重要

ペナルティになりたくない!4事例で見るGoogleペナルティにならないコンテンツマーケティングでの予防策

ペナルティになりたくない!4事例で見るGoogleペナルティにならないコンテンツマーケティングでの予防策

コンテンツマーケティングする中で起こりやすいペナルティとその回避方法について事例を交えて説明してきます。

1. リンク埋め込みにTwitterを使った「Rap Genius」
2. UCGスパムの影響を受けた「Sprint」
3. サイト全体を削除された「BMW」
4. 有料リンクでペナルティ「Expedia」

最も堅実な方法はサイトを「借りる」?コンテンツマーケティングで使うサイトを調達する5つの方法

最も堅実な方法はサイトを「借りる」?コンテンツマーケティングで使うサイトを調達する5つの方法

新しくコンテンツマーケティングをはじめると同時に、ハブとなるオウンドメディアを立ち上げる企業も多いと思います。この記事ではサイトを自作する以外の5つの方法について解説します。

1.ドメインを購入する(ドメインの譲渡、中古ドメインの購入)
2.サイトを購入する
3.メディアを買収する
4. サイトをレンタルする
5. 購入権付きのレンタル

コンテンツを借りる?コンテンツマーケティングの「コンテンツ」を調達する5つの方法

コンテンツを借りる?コンテンツマーケティングの「コンテンツ」を調達する5つの方法

コンテンツマーケティングでもっとも困るものの1つがコンテンツの調達だと思います。新しくコンテンツマーケティングを始める人のために、コンテンツを調達する5つの方法について解説します。

1. 自作する
2. 作成依頼する
3. 購入する
4. 借りる
5. 寄せ集める