この忙しさからの卒業。ライティング業務を上手にアウトソースする5つのポイント。

この忙しさからの卒業。ライティング業務を上手にアウトソースする5つのポイント。

コンテンツマーケティングではライティング業務が多くを占めます。
そのためアウトソースするのは必然的にコンテンツ制作が多くなりますが、残念なことに「あなた」が求めたレベルの品質や内容が納品される事は中々ありません。
もっともアウトソースの割合が多いライティングにフォーカスし、上手にアウトソースするポイントを5つにまとめて紹介します。

1. 自社のコンテンツマーケティングの目的を明確に伝える
2. マーケティング知識をトレーニングする
3. ターゲット(ペルソナ)を明確に伝える
4. 各コンテンツの購買ファンネルがどこであるかを伝える
5. スタイルやフォーマットの細かい指定をする

そして最後に、忙しい中で効率的にアウトソースするための最も重要かも知れないポイント。

流入が増えたけどコンバージョンが増えない!そんな時に見直す4つのポイント。

流入が増えたけどコンバージョンが増えない!そんな時に見直す4つのポイント。

BtoBのように見込み客が限られるケースでは、コンテンツマーケティングを開始してトラフィックが増加しても中々コンバージョンに至りません。
ここではコンバージョン改善のため見直すポイントを説明します。

1. ペルソナの見直し
2. コンテンツ内容の見直し
3. CTA(コールトゥアクション)の見直し
4. リマーケティングの活用

エンゲージメント = お客様とブランドの関わり。コンテンツマーケティングでエンゲージメントを高める4つの方法

エンゲージメント = お客様とブランドの関わり。コンテンツマーケティングでエンゲージメントを高める4つの方法

コンテンツをアップした時だけアクセスが増えるが、一向にベースとなるアクセス数が増えていかないとすれば、エンゲージメントに問題があることになります。エンゲージメントをどう強化するか、具体的なポイントを見ていきましょう。

エンゲージメント = お客様とブランドの関わり
1. 関連リンクを効果的に使う
2. サイトをパーソナライズする
3. シェアをしやすくする
4. CTA(コールトゥアクション)を考える

最も堅実な方法はサイトを「借りる」?コンテンツマーケティングで使うサイトを調達する5つの方法

最も堅実な方法はサイトを「借りる」?コンテンツマーケティングで使うサイトを調達する5つの方法

新しくコンテンツマーケティングをはじめると同時に、ハブとなるオウンドメディアを立ち上げる企業も多いと思います。この記事ではサイトを自作する以外の5つの方法について解説します。

1.ドメインを購入する(ドメインの譲渡、中古ドメインの購入)
2.サイトを購入する
3.メディアを買収する
4. サイトをレンタルする
5. 購入権付きのレンタル

新規顧客12,000人を経営者主演のコメディ動画で獲得「ダラー・シェイブ・クラブ」。【コンテンツマーケティング・ケーススタディ7】

新規顧客12,000人を経営者主演のコメディ動画で獲得「ダラー・シェイブ・クラブ」。【コンテンツマーケティング・ケーススタディ7】

アメリカにダラー・シェイブ・クラブ(dollar shave club)という、定額の月会費を支払うとヒゲそりと交換用カートリッジを宅配してくれる会員制サービスの会社があります。

経営者自らが演じる、短編コメディ動画を使ったコンテンツマーケティングで大成功した事例として有名ですのでご紹介します。

・経営者自らが演じる短編コメディ動画
・超低コストの製作費で新規顧客12,000人獲得
・Twitterのハッシュタグとお遊びコンテンツ
・売り上げ76億円、時価総額738億円と見積もられるまでに急成長

1年後も生き残ってる?オウンドメディアがコンテンツマーケティングで生き残る5の条件

1年後も生き残ってる?オウンドメディアがコンテンツマーケティングで生き残る5の条件

そのサイトは1年後も生きていますか?新しく始めるサイトが増える反面、期待した結果が出ないなどで淘汰されるサイトが増加します。オウンドメディアが生き残るための条件を説明します。

1. ニッチに特化している
2. 導線が忘れずに付いている
3. 集客している(SEOしている)
4. 競合よりも品質で優れている
5. 更新が継続されている

「コーヒー対ギャング」若者が自立する姿を描き900万回を超える再生数 【コンテンツマーケティング・ケーススタディ6】

「コーヒー対ギャング」若者が自立する姿を描き900万回を超える再生数 【コンテンツマーケティング・ケーススタディ6】

ケンコ(Kenco)はイギリスのコーヒー会社ジェイコブス・ダウ・エバーツが有するコーヒーのブランドで日本ではほとんど知られていないブランドですが、イギリスではネスカフェと並ぶ巨大コーヒーブランドです。

このケンコがプロデュースしたドキュメンタリー「コーヒー対ギャング」が注目を集めましたので、このプロジェクトの内容と成果からストーリーテリングを使ったコンテンツマーケティングを学びます。

・「コーヒー対ギャング」若者が自立する姿を描く
・高品質でドラマ性の高い映像コンテンツ
・全体の再生数900万回以上。初動が当初の予測値を500%上回る
・ストーリーテリング
・社会的意義のあるコンテンツマーケティング

少予算でも大丈夫?コンテンツマーケティングでビジネスを小さく開始して成功する3つのポイント

少予算でも大丈夫?コンテンツマーケティングでビジネスを小さく開始して成功する3つのポイント

シアトルの小さなオーディオ専門店Magnoliaはコンテンツマーケティングの活用によって短期間に店舗を拡大し、2000年に家電量販店大手Best Buyに87億円相当で売却されました。

Magnoliaがどのように低コストでありながら戦略的なプランニングをおこなったのか、小さく開始して成功するために押さえるべきプロセスをPlan/Do/Checkのステージに分けて考えてみましょう。

1. なるべく具体的な目標とペルソナを定め、無駄を生じさせない
2. 目標に合った「始めやすいチャネル」を採用する
3. 効果の検証をし、戦略を洗練させる

今流行のAirbnbを支えるコンテンツとは?ゲスト・ホスト間のコミュニティを形成するテクニック 【コンテンツマーケティング・ケーススタディ5】

今流行のAirbnbを支えるコンテンツとは?ゲスト・ホスト間のコミュニティを形成するテクニック 【コンテンツマーケティング・ケーススタディ5】

Airbnb(エアビーアンドビー)は最近国内のニュースでも取り上げられる、宿泊施設情報サイト運営ベンチャー企業です。ゲストとホストの円滑なコミュニティを形成するコンテンツマーケティングを実施していますので、その施策内容を見ていきます。

・宿泊先地域の観光情報コンテンツ
・ホストによるリアルな動画コンテンツ
・オリジナルのロゴでホストとの一体感を
・月間3,300万人ビジターを支えるコミュニティ型コンテンツ

オウンドメディアを絶対に運営すべき4つの理由。アウトバンドからインバウンドへ。

オウンドメディアを絶対に運営すべき4つの理由。アウトバンドからインバウンドへ。

アウトバンドからインバウンドへの転換の象徴とも言える、自社でオウンドメディアを運営する理由を説明します。

1.リスク回避と潜在顧客層へのアプローチ
2.消費者が求める情報と、企業が獲得すべき顧客像の変化
3.各メディアへ活用できる多様性とポータビリティ(可搬性 )
4. LPO(ランディングページ改善)とROI(投資対効果)の精度向上